オーエスのGSN-160BやGSN-130Bの太陽光発電の価格って!?


GSN-160BGSN-130Bは、オーエスから発売された携帯用太陽光発電どこでも発電」のモデル名です。
GSN-160Bの価格は、オープン価格ですが約20万円くらいになるのではとの情報がありました。
また、GSN-130Bの価格は、13万円前後になるのではとの情報です。

GSN-160Bは、380×1,930×2mm(幅×奥行き×高さ)の太陽光発電シートが2枚付いている製品です。
もう一方のGSN-130Bは、太陽光発電シートが1枚の下位のモデルになっているようです。

続きを読む
posted by ソーラーパネル at | 携帯用太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマダ電機の太陽光発電システムはPBブランドで激安!?


ヤマダ電機から太陽光発電システムが、プライベートブランド(PB)として2012年3月10日から販売が開始されるそうですexclamation×2

日本経済新聞に記載されていましたが、大手太陽光発電メーカーよりも2割ほど価格が安くなるそうで、節電や電気代が上昇するといわれている中での、ヤマダ電機の太陽光発電システム販売が開始される事は、非常に注目ひらめきされるのではないでしょうか?

現時点で、太陽光発電の設置を考えている方にとっては、1kWあたり39万円相当になるといわれているこのシステムは、非常に魅力的ぴかぴか(新しい)ではないでしょうか?

ヤマダ電機の太陽光発電システムに使用されるモジュールは、韓国のS-ENERGY社の高性能モジュールなので、国産にこだわりを持っている方にとっては、ブランド性能価格のどの部分を一番に考えるかが悩むところではありますよねふらふら

しかし、1kWあたり39万円という価格を目にしてしまうと、こだわりとも言ってられないような気もしてしまいます。
なにせ、国の補助金を活用したと考えると、更に1kWあたりの単価は下がりますバッド(下向き矢印)

ヤマダ電機での販売という事で、アフターメンテナンス各種保証など様々な点においても安心感が違いますよねexclamation
訪問販売で太陽光発電を勧めに来る業者と比較すると、信頼や安心という面では大きく差が出てきてしまいます。

早くも、実家の両親もこの価格ならと、ヤマダ電機に太陽光発電の見積もりに行くと言っていました。
気軽に見積もりの依頼ができるのも、家電量販店の強みですよねわーい(嬉しい顔)

posted by ソーラーパネル at | 価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。