太陽光発電設置で、屋根を補強する金額も必要なの!?


太陽光発電パネルを設置するのに屋根補強が必要な場合があるそうです。
ソーラーパネルの重量が影響してくるようですね!太陽光パネル1枚は、約10kg〜20kg程度の重さでも20枚程度も載せればかなりの重さですものね。

屋根補強

太陽光発電を新築から設置する計画であれば、設計時に太陽光発電パネルの重さを考慮してくれるのでしょうが、既存の住宅の場合は補強が必要な場合もあるのですね。
太陽光発電パネルを屋根に設置する場合、重さだけではなく、風などによる天災の被害も予測し補強を勧められることもあるそうです。

相見積もりなどをすると、屋根を補強するしないが業者によって違う事があるようです。
業者によって意見が違うと素人である我々は誰を信用してよいのか、本当に屋根の補強をしなくてはいけないのか戸惑いますよね^^;
家を建ててもらった住宅メーカーや、住宅設計者に聞いて構造的に問題が無いか聞いた方がよいと思います。

続きを読む
posted by ソーラーパネル at | 屋根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。