シャープのBLACKSOLAR(NQ-190AA)は発電量が凄い!?


シャープBLACKSOLAR(NQ-190AA)は発電量が凄いとCM口コミ情報で話題となっていますが、みなさんご存知でしょうか?

ブラックソーラーは、高効率単結晶モジュールを採用していて、シャープ従来の多結晶モジュールと比較すると、少し発電量が増加しているようです。
理由は、多結晶モジュールでは電極部分に太陽光が当たっても受光できなかったのが、単結晶モジュールのBLACKSOLARでは電極が無くなり、より多くの太陽光を受光することが可能となったからだそうですexclamation

また、発電した電気を送る構造にも違いがあり、「配線シート方式」と言われる方式になったことにより、電気を送電する際に失われる電気を低減させた事なども発電量をアップさせた要因のようですわーい(嬉しい顔)



シャープのBLACKSOLARには、

NQ-190AA(単結晶)
希望小売価格:106,890円
モジュール変換効率:16.5%
最大出力:190W

NQ-135AA (単結晶)
希望小売価格:79,800円
モジュール変換効率:15.9%
最大出力:135W

がラインナップされています。

同じく新しくラインナップされた高効率多結晶モジュールND-170AAの発電量は170Wなので、そちらのソーラーパネルと比べると、1枚当たり20Wもの発電量の差が生まれてきますが、その分金額も高くなってしまいますねふらふら

しかし、住宅の屋根には設置できるソーラーパネルの枚数は限られています。
そう考えると、狭いスペースの住宅にも大きな発電量を期待できるシャープのBLACKSOLAR(ブラックソーラー)は魅力的ぴかぴか(新しい)なのではないでしょうか?



posted by ソーラーパネル at | シャープの太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。