太陽光発電のメンテナンスフリーってどういう事!?


太陽光発電はメンテナンスフリーです。インターネットで調べているとよく目にしますよね。
これは、「メンテナンス」のとらえ方で、考え方が違ってくると思います。

メンテナンスの意義
人々が生活のうえで使用しているものは、どんなものでも時間とともに劣化・老朽化し、やがて使用に耐えなくなる運命にある。しかし、メンテナンスによって、欠陥を早期に発見したり寿命を伸ばしたりすることが可能である。大量消費の時代である現在、大量生産から再利用・再使用にむけた動きが活発であるが、それにとどまらず、現存する製品や構造物などの効率化や延命を実現するメンテナンスという技術は欠かすことはできない。 「ウィキペディア」より



ようするに、私たちが使っている製品には寿命があり、メンテナンスをすることによって製品の寿命を長くできるという事ですよね。
太陽光発電システムにも設計寿命というものがあり、やがては調子が悪くなったり動かなくなったりしてしまう。
でも、メンテナンスをすることによって、メンテナンスをしない時よりも長く太陽光発電システムを使用できる。
こういう事じゃないでしょうか?


太陽光発電はメンテナンスフリーです。と言うのは、やはり「メンテナンス」という言葉のとらえ方だと思います。
「この太陽光発電システムはメンテナンスフリーなんです。」と訪問販売員なんかに言われると、「何もしなくていいんだ♪」「後からお金がかからないんだ♪」というように捉えてしまいそうですよね。
悪徳な訪問販売員の謳い文句のように思えてなりません。
こう思うのは、私だけでしょうか^^;



posted by ソーラーパネル at | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。