太陽光発電のメンテナンス費用ってどうなの!?


太陽光発電メンテナンス費用について調べてみました。

メンテナンス費用

太陽光発電システムには、各種周辺機器があります。

  • 太陽光を取り込み電気に変える部分、太陽光発電パネルや太陽光発電モジュール、ソーラーパネルなどと呼ばれている所。
  • 発電した電力(直流)を家庭で使用できる電力(交流)に変換する部分、パワーコンディショナと呼ばれている所。
  • 電力を買ったり、売ったりすることを計測する部分、電力量計と呼ばれている所。これらの場所が、主にメンテナンスが必要とされる部分だと思います。

太陽光発電のメンテナンス費用として、その中でもよく耳にするのはパワーコンディショナだと思います。
メーカー保証としては、各社大体1〜2年程度の保証が付いています。
パワーコンディショナの設計寿命は、約10年とされているメーカーがほとんどです。
一応、保証として1〜2年が設けられているようですが、電気製品ですからいつ故障してもおかしくないですよね?
故障した場合の交換費用は、メーカーや変換効率の違いはありますが、大体30万〜50万程度のようです。



太陽光発電システムは長年使うものです。パワーコンディショナは、寿命が約10年とされているので、太陽光発電システムを設置するときから必要経費として考慮しておく方が、故障した時の負担は軽減されるのではと思います。

太陽光発電のメンテナンス費用として電力量計がありますが、こちらは住んでいる地域の電力会社により異なるようです。
無料の電力会社があったり、有料でレンタルする電力会社であったりするのです。
なので、住んでいる地域の電力会社に問い合わせれば、費用は確認できるでしょう。

京セラの太陽光発電システムを設置した場合の、メンテナンス費用を例として記載しておきます。
京セラは、10年保証が加入条件ですが、1年目は無料、4年目、8年目は有料でメンテナンスを約2万円で受ける事ができます。
こういった定期点検があると安心できますよねるんるん




posted by ソーラーパネル at | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。