太陽光発電設置で、屋根を補強する金額も必要なの!?


太陽光発電パネルを設置するのに屋根補強が必要な場合があるそうです。
ソーラーパネルの重量が影響してくるようですね!太陽光パネル1枚は、約10kg〜20kg程度の重さでも20枚程度も載せればかなりの重さですものね。

屋根補強

太陽光発電を新築から設置する計画であれば、設計時に太陽光発電パネルの重さを考慮してくれるのでしょうが、既存の住宅の場合は補強が必要な場合もあるのですね。
太陽光発電パネルを屋根に設置する場合、重さだけではなく、風などによる天災の被害も予測し補強を勧められることもあるそうです。

相見積もりなどをすると、屋根を補強するしないが業者によって違う事があるようです。
業者によって意見が違うと素人である我々は誰を信用してよいのか、本当に屋根の補強をしなくてはいけないのか戸惑いますよね^^;
家を建ててもらった住宅メーカーや、住宅設計者に聞いて構造的に問題が無いか聞いた方がよいと思います。



太陽光発電の重量を屋根に少しでも負担がかからなくするために、対策が書かれていたので紹介いたします。
太陽光発電システムの発電量が高いパネルを選ぶexclamation
発電量の高いソーラーパネルを選ぶことにより、パネルの枚数を減らすことができます。ソーラーパネルの枚数が減ると、太陽光発電の重さが減るということだそうです。

太陽光発電の取り付けは、屋根に穴をあけて行う方法や、専用の金具を使用して取り付けるよ方法があるようです。
屋根に穴をあけて取り付ける方法は、太陽光発電のメーカーも推奨しているようで、屋根の補強にかかわらず穴をあけるそうですね^^;
穴をあけると雨漏りの心配もありますが、実績のある業者にお願いすれば問題ないとの事でした。

穴を開けないで取り付ける方法で、瓦一体型の太陽光パネルを書かれている方がいました。
今ある瓦を外して敷き直す方法だそうですが、費用がかかるとの事でした。



posted by ソーラーパネル at | 屋根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。