屋根一体型の太陽光発電のメリット・デメリット


屋根一体型太陽光発電(ソーラーパネル)は、京セラの「屋根一体型(金属屋根)」やシャープの「平板瓦一体型」などがあります。
屋根一体型の太陽光発電は、屋根や瓦の上に置くタイプの太陽光パネルと違うのでそれなりのメリットやデメリットがあるようです。

屋根一体型

屋根一体型の太陽光発電のメリットデメリットを調べてみたので紹介したいと思います。

まず、メリットからです。

  • 屋根一体型太陽光発電は、読んで字のごとく屋根や瓦と一体になった太陽光パネル(モジュール)なので、上に置くタイプの太陽光パネル(モジュール)より設置している感じが無く、デザイン的にスッキリとしている。
  • 取り付けをするための部品点数が少なく施工期間の短縮ができる。
  • 太陽光パネル(モジュール)の単体の交換ができるので、メンテナンス性がよい
  • 屋根や瓦と一体なので、家にかかる重量が軽減される。
  • 風による吹き上げの影響が少ない。

続きを読む
posted by ソーラーパネル at | 屋根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京セラ、シャープ、サンヨーの太陽光発電のメリットや口コミ


太陽光発電システムのメリット口コミについて、各メーカーについて調べてみました。

メリットや口コミって?

京セラの太陽光発電のメリットや口コミ!
京セラの太陽光発電は、デザイン性に優れ、保証が充実しています。
京セラの太陽光発電を選ぶ方は、やはりソーラーパネルの見た目を重視している方や、アフターメンテナンスなどの保証が充実している事などで選ばれている方が多いです。

シャープの太陽光発電のメリットや口コミ!
シャープの太陽光発電は、なんと言っても価格が安いことに特徴があります。
一番費用のかかる初期投資の費用を抑える事ができるのが、最大のメリットではないでしょうか?
Webモニタリングサービス」というサービスもあり、日々の発電量や電気の使用量をチェックできるので、自然と電気を節約するようになってしまうそうですよ^^

続きを読む
posted by ソーラーパネル at | メリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。